MacBookがやってくる。

カメを庭で飼い始めて、タイムラプス動画を撮るのが面白くなってきた。

せっかくなので動画編集でもやってみようとするものの、画面が小さくてやりにくい。

会社では外付けモニタを使わせてもらってるので何か作業する、となるとデュアルディスプレイのほうがよいな、と思うわけです。

というわけでモニタを探し始める。

モニタは2万円も出せば27インチが手に入るのだけれども、ThunderboltをHDMIに変換しなければいけない。そんなんならハブを買ってハードディスクも直付けにして、昔のパワーブックデュオ的な環境にしてしまえばいいか、、、とハブを探してたら、意外と高い。

こんな値段ならもうちょっと足せばThunderbolt対応のディスプレイが買えるよね、とヤフオクを見ると落札相場が6万円くらい。もう新品は買えないし、とりあえず少し安めで入札してみるも、あっさり高値更新。相場通りのお値段で落札されてた。

でも、そもそも今のMacBook AirでGoPro純正の編集ソフトを使うと固まってしかたがない。書き出しにも3回くらい失敗してようやく書き出せる、という感じ。

と、そんなふうに思ってたのがWWDC直前の日曜日。

大して面白みもないWWDCを結局3時から見続けて朦朧とした頭で購入を決意。

13インチか15インチかを悩んで、会社帰りにヨドバシで15インチを持ってみる。家の中をうろちょろするだけやし、ちょっと値ははるけど15インチなら長く使えるやろし。。。と15インチ。勢いでFinal Cut Pro Xもつけてやる。タッチバー対応のソフトが欲しかった。

そして昨日の日曜日、ようやくステータスが出荷準備中に。出来立てホヤホヤのMacBookPro15インチ、梅というやつ。23年前に買ったカラクラ2から数えて11代目?当時と比べるとメモリは1000倍、内蔵HDDは1600倍、あわせて2TBのポータブルHDDも買ってしまったのでいちまんばい以上。

使い手の方はたいして変わってもないわけですが機械は着々と進化してる。

というわけで、デアゴスティーニの、CM風にいうと新しい趣味は動画編集なのです。YouTuberになることはないだろうけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です