カーシェアを使ってみた。そして廃車。

突然、動かなくなってしまった我が愛車はいつでもキャンプに行ける道具一式を乗せたまんまレッカーされて工場に行ったわけです。

もう廃車にしてもらうことにしたのでその手続きと荷物の引き取りに行ってきました。

会社の後輩君からタイムズのカーシェアが便利だと聞いてたのでそれに挑戦。アプリで予約して目的地をセット。残念ながら町内にはないので駅前までやってきてカードをかざしたら解錠される。

ダッシュボードに車の鍵が入ってて、エンジンをかけるとナビが説明を始めてくれて、目的地もちゃんとセットされている。

運転をはじめるとすぐ後ろについたのが次の車と同じメーカーの車。なるほど、そんなハンドルのカスタマイズがあるのね。無事に廃車の手続きを終えて、荷物を移動。

大阪に住んでた頃は車を持ちたいとも思わず、キャンプにはバックパックだけで、しかも、高規格なところには行ってなかったので飲み水でさえ持参してたのに、いつのまにか荷物が増えてしまった。こいつをスリム化するのも課題だな。

と、そんな帰り道にはダイハツのオート三輪。

まだ現役なのね。次の車をこの三輪車と同じ年月の間、僕が乗れる、なんてことはおそらくない。人間としても、車にとっても。

前の車は先代が10年間で65000キロ、僕が7年で33000キロ乗せてもらった。次のも同じだけ現役でいてくれるとしたら、僕はもう60オーバー。それまで何があるのかわからんけど。

車がなければやってなかったこともいろいろあるわけで、7年間お世話になりました。ありがとう。

この図体とこの色なのでナンバープレートは2番。

ディーラーの店長にしかこの意味をわかってもらえなかった番号でした。さようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です